乳酸菌 – プロバイオティクス

he New Mexico Wine Festival at Bernalillo wraps up the summer with the premier wine festival of the southwest! Just north of Albuquerque, the historic Bernalillo is host to the biggest wine festival in the state.
Great music, arts and crafts, and those summer foods we all love make a perfect backdrop for wine, wine, wine!

New Mexico Wine Festival
Commemorative Poster

“Paz en la vina”
Virginia Cobos-Fritz

This poster along with past years’ commemorative posters will be available at our online store soon.

Get your tickets early!
As the festival nears, we experience heavy online traffic of people purchasing their tickets. Be sure to get them early so you can to avoid server issues.

Please Bring A Designated Driver
The New Mexico Wine Festival Designated Driver Program is provided in partnership with the Sandoval County DWI Prevention Program.

A teaching religious order named La Salle Christian Brothers came to Bernalillo in 1872, to open a boys school at the request of Archbishop Lamy and Rev. John Peter Faure, pastor of Our Lady of Sorrows Catholic Church in Bernalillo. The prominent Perea family donated land for the school and a farm. To help fund the school, the Brothers operated La Salle Ranch. In 1883 they opened La France Winery. In 1887 the Brothers went to California to select new grape varieties that they hoped would be hardier than those already grown here. They returned with grapevine cuttings of Black Malvoise, Malbec, Zinfandel, Mataro, Cabernet Sauvignon, Cabernet Franc, Petite Pino, and Cohasselas Fountainbleu.

Unlike wineries run by other religious orders, the Christian Brothers did not make wine themselves. They hired a French wine maker, Lois Gros who ran the winery until 1920, producing over 10,000 gallons of wine a year. Then an Italian wine maker from Tuscany, Giovanni Giorgio (George) Rinaldi, who had immigrated to Pena Blanca, NM took over and produced sacramental wine throughout the prohibition era until 1933. This was the only winery allowed to remain open during prohibition because Archbishop of Santa Fe, Albert Daguer had arranged to have this winery produce sacramental wine for all the Catholic Churches in New Mexico.

In the early 1920’s, Rinaldi enlisted the agricultural staff of New Mexico A&M college. in Las Cruces, now New Mexico State University (NMSU), to improve his grape production. With their help, he experimented with several types of grapes and growing styles. Zinfandel in a Burgundy style wine, still remembered by old timers, was a result of the experimentation with grape varieties by Rinaldi and New Mexico A&M. The Christian Brothers winery closed in 1948 when they sold the entire La Salle Ranch.

The Bernalillo winery predates the famous California Christian Brothers Winery in Napa Valley. This winery was not affiliated with the California winery, although the California Christian Brothers indicated some interest in this area in the 1950’s for brandy production.

Be prepared to be carded if you appear 35 years of age or younger.

Must be 21 years of age to taste and or buy wine.

No verticle Id’s accepted.

Minors must be accompanied by a legal age parent/guardian.

No alcohol may be brought onto the festival grounds.

Bottles of wine purchased may not be opened on the festival grounds.

No firearms may be brought onto the festival grounds.

No bicycles allowed on festival grounds.

No pets allowed (only service animals).

No distribution of literature allowed within public easements or on festival grounds.

No coolers or picnic baskets allowed into the festival grounds.

生物成人腸内細菌叢の400以上の細菌との共生に住んでしようとしています。

このような一人一人の場合、しかし、腸内細菌叢は、組成物および操作を個別に純粋であり、各個人の特性です。

胃が、実質的に細菌、小腸が含まれていない、と彼らは少量しか含まれています。

しかし、彼らのコロンは、文字通り(糞便細菌の50%が形成)「充電」される。

腸内細菌叢の組成物は、生理的にバランスが取れています。バランスは、しかしながら、以下の要因に他を邪魔することができます。

様々な感染性および非感染性疾患

代謝障害

繰り返し応力状況

貧しい食生活

頻繁に抗生物質治療

健康な体で動的にグループを機能し、消化管に住んでいる細菌で構成されています。

「有益な」細菌、主に乳酸菌(プロバイオティクス)であることが非常に重要な役割です。

これらの細菌は異なるラクトースおよび他の糖を乳酸及び各種有機酸を生産することに基づいて自分の名前を取得します。

プロバイオティクスは、有益な健康効果は、結果として、疾患を引き起こす細菌、およびファウリングプロセスは、破壊されています。

乳酸の生産は腐敗過程を引き起こす細菌に悪い腸内pHを低下させるプロバイオティクスはまた、ビタミンKを生成し、同様に胆汁酸を拡張します。

プロバイオティクスこれは結腸において腫瘍の発達において役割を果たし得る胆汁酸の糞便胆汁酸の変換を阻止します。

プロバイオティクスはまた、生物のニーズにバクテリオシンを生産する能力を持っています。

バクテリオシンは病気や腐敗プロセスの原因となる細菌の異常増殖を防ぐ抗菌ペプチドまたはタンパク質であるプロバイオティクスは、人間の体内で微生物のバランスを維持する微生物群であるため、友好的または有益なバクテリアと呼ばれます。

プロバイオティクスは、腸内細菌叢の全長例えば膣だけです。

プロバイオティクスは、人間の健康を維持において中心的な役割を占めています。ケーシングは、彼らの存在は、また、代謝活性は、体内粘膜の最初の行の防衛になるように直接、細菌性病原体に対するプロバイオティクス腸粘膜を保護位置しています。

出典:サプリメント・・・これらプロバイオティクスとは乳酸菌を指し、オリゴ糖や食物繊維はプロバイオティクスに分類される乳酸菌を増やすので、サプリの形式で摂取するのがおすすめです。

微生物叢の組成が変化します

多くの研究は、栄養および年齢が腸内細菌叢の組成に影響を与える主な要因であることを実証しました。

プロバイオティクス

繊維の低いダイエット、古い取得、それはすべての有益な細菌の数があるという事実に貢献しています。

減少または完全にプロバイオティクスを消えている逆増加の病原性腸球菌、腸内細菌およびクロストリジウムの量をこのプロセスは、ときに肝機能障害、がんへの有害物質をつながることができます。

「有益な」細菌数の増加、すなわちプロバイオティクスを、私たちは意図的にプレバイオティクスに励まされる。

プレバイオティクスは、食品の非消化部分はまた、選択的にビフィズス菌や乳酸菌を刺激する、またはいわゆる「有益な」細菌、です。

結腸におけるプロバイオティクスは、乗算され、したがって、体に有益な効果を持っている。

食物繊維が含まれているように、またはプレバイオティクスは消化されていないが、その生理的役割は、繊維の役割が変化することが多いです。

いくつかのプレバイオティクス、すなわち、特別な効果が「数の増加を容易にすることができます有益な”細菌は、と呼ばれます。

プロバイオティクス、また腸内細菌叢における病原菌の危険性を低減します。

病原細菌は、それぞれ、わずかな程度のため、プレバイオティクスを利用します。

彼らは彼らの伝播に一切使用していません。任意の現在利用可能、プレバイオティクスサプリメントで炭水化物(オリゴ又は多糖類)です。

10人の研究は(エントリー1の場合- 一日あたりのFOSの20グラム)する結果、フラクトオリゴ糖(FOS)の最良の効果を有することが報告されている。

十倍のビフィズス菌数の増加プロバイオティクスは、胃腸管決定的な役割の健康を保護することです。

「有益な」細菌の8種類に加えて、胃酸に耐えるカプセルはまた、プレバイオティクスのように独自に補完的な給餌が含まれています。

コレステロール低下効果

L.アシドフィルスのいくつかの株は 、胆汁の存在下でコレステロールを取り込むことができる(25)。他 のインビトロ 研究は、コレステロールがL.アシドフィルスの存在下で、特に酸性環境において遊離胆汁酸塩と共に沈殿することができることを示している(26)。従って、これらの作用の一方または両方がインビボで起こり、ヒトの血清コレステロールを低下させるのに役立つと仮定されている。

発酵乳製品を用いた様々な研究は、効果がないか、またはコレステロールレベルの低下を示している。結論として、発酵乳製品のコレステロール低下効果を確認するにはまだ良い証拠はありません。